使い勝手の良い口紅・シャネルのマットタイプのリップ

使い勝手の良い口紅・シャネルのマットタイプのリップ

シャネルといえばアパレルやコスメが有名なフランス産のブランドですね。

私の愛用リップの紹介

デパートなどで売っている、ハイブランドのメーカーというイメージですが、意外とリップはブティックで購入しても4000円前後のものも豊富にあるので、手が届きやすい方かと思います。


今回ご紹介するものは、シャネルのルージュ アリュール ヴェルベットの51番ラ ブルヴェルソントです。


マットタイプのリップスティックで、真紅のお色味をしています。


赤リップですと青味がかった色も同じシリーズにありますが、こちらは深い赤なので、派手すぎず上品で大人の女性にぴったりのリップです。


青味もそこまで感じないので、イエローベースの肌の方でもブルーベースの肌の方でも浮かずに使えるかと思います。


個人的な使用感としては、マットタイプのリップなのに乾燥せず、尚且つ持ちも良いと感じました。


忙しいときはリップベースを塗らずに直塗りする事もありますが、それでも唇が荒れたり乾燥したりという事はありません


発色もとても良いです。

容器からくり出したままの色がそのまま唇で発色してくれるので、ビビッドで印象的な唇に仕上げることが出来ます。


ラ ブルヴェルソントとは圧倒的なという意味を含めていますが、まさにその通りの圧倒的な質感と発色のリップです。

 

発色の良さが最高なんです!

 

この口紅の気に入っている点としてはやはり発色の良さですね。

真紅の色味ですが、唇の色に負けない美しい鮮烈な色に仕上げてくれます


マットタイプなので、塗った唇を見るとツヤは少ないのですが、柔らかすぎないテクスチャーなのでマットの鈍い輝きを、そのまま唇で保ってくれます。


購入の際に、販売員の方になるべく落ちにくく、荒れにくい口紅はどれですか?と伺いました。

するとこのリップを勧めてくれたので、タッチアップをして気に入り購入しました。


コップのグラスに色が付く事もあるのですが、しっかりと均一に塗れば色持ちと発色の良さで唇のカラーが褪せる事はそこまでありません。


赤リップは印象的なので、派手になるのではないかとか、顔から浮かないかと考える方もいらっしゃるかと思いますが、コンシーラーで色味を消した唇の中心部分のみにこのリップをぼかすように塗って、サーモンピンク系の淡いリップグロスを乗せますと、艶やかなグラデーションリップに出来たりと普段使いにも活用出来ます


もちろん唇の輪郭までしっかりと単色で塗っても、ファッションとメイクを含めたスタイル全体のアクセントになる存在感を発揮できます。


パーティや、華やかに着飾りたい特別な日にもこのリップで艶やかさを演出することができるので、一本持っておいて損は無いくらいおすすめです。